不思議な本棚が出現!?

ホログラフィック映像。リアルな本のオブジェに3D映像を重ねることで、あたかもそこに人がいたり、文字が動いているかのように見せることができる。

ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』の告知で、ホログラフィック技術を活用した広告を実施。古書にまつわる謎を解いていくドラマのストーリーにちなみ、本棚をイメージした小型のショーケース内に、本のオブジェと3D映像を重ね合わせて放映した。

メトロ新宿駅 本棚をモチーフにしたホログラフィックディスプレイ ホログラフィック映像。リアルな本のオブジェに3D映像を重ねることで、あたかもそこに人がいたり、文字が動いているかのように見せることができる。 ホログラフィック映像。リアルな本のオブジェに3D映像を重ねることで、あたかもそこに人がいたり、文字が動いているかのように見せることができる。 ホログラフィック映像。リアルな本のオブジェに3D映像を重ねることで、あたかもそこに人がいたり、文字が動いているかのように見せることができる。 足を止めて映像を見る人も多く観察された。 足を止めて映像を見る人も多く観察された。 足を止めて映像を見る人も多く観察された。
  • 広告主: フジテレビ
  • 時期:  2013年1月
  • エリア: メトロ新宿駅
  • 媒体:  スーパープレミアムセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.