小学館、カセットテープのピールオフ広告を実施

小学館は、初めてジャズ音源が録音された1917年から100年と、世界一のジャズプレーヤーを目指す青年の物語「BLUE GIANT SUPREME」(石塚真一氏著、ビッグコミック連載)のコミックス第1集発売を記念して、ジャズの名曲を2曲収録したカセットテープをはがして持って帰れるピールオフ広告をJR新宿駅にて実施した。再生デッキの数が減っているカセットテープでピールオフ公告を実施という時代に逆行したアナログな手法が注目され、「攻めている」「JAZZらしい」と話題となった。


▲主人公がヨーロッパへ旅立つ前に、ジャズのことがよくわからない友人への置き土産にしたものという設定で制作

▲ピールオフ終了後

  • 広告主: 小学館
  • 内容:  BLUE GIANT SUPREME
  • 時期:  2017年3月
  • エリア:  新宿
  • 媒体:  JR新宿駅改札内 北通路ワイドボード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください