バファリン 実物パッケージ広告

実物のパッケージはそれだけでインパクトがあり、お店で同じ商品を目にした際のリーセンシー効果も狙える。

バファリンの実際の商品と同じパッケージをそのまま電車内のステッカーに掲出。下車後のリーセンシー効果を狙う手法として、定番化した掲出方法と言える。

東京メトロ丸の内線
実物のパッケージはそれだけでインパクトがあり、お店で同じ商品を目にした際のリーセンシー効果も狙える。

  • 広告主: ライオン
  • 時期:  2012年8月
  • エリア: 東京メトロ 電車内
  • 媒体:  戸袋ステッカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください