阪急梅田駅で公開砂像製作 鳥取が「砂像のまち鳥取」をPR

鳥取市は「砂像のまち鳥取」のPRのため、阪急梅田駅で砂像の公開制作を行った。ビッグマン前広場の会場には約8トンの砂が入れられ、 2人の砂像マイスターがウサギや月面探査機の砂像で月面をイメージしたコーナーを製作をする様子に多くの通行人が足を止め注目を集めた。鳥取砂丘の砂に触ることができるコーナーもあり、見学者たちが砂の感触を確かめていた。

9月6・7日の2日間かけて砂像を製作

完成したスペースは9月11日まで公開展示する

うさぎと月面探査ローバーで月面をイメージ

実際に砂丘の砂をさわれるコーナーも

  • 広告主: 鳥取市
  • 内容:  砂像のまち鳥取PR事業
  • 時期:  2017年9月
  • エリア:  大阪
  • 媒体:  阪急梅田駅1階「ビッグマン前広場」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.